うつ病

うつ病になったからこそお金の大切さを考えよう

困ったさん

うつ病になって漠然と不安が消えないです。もうどうしていいか分かりません。

ねこべえ

うつ病になったらまずは、ゆっくり休むことこれ大事!

でも根本的な悩みや不安を取り除くことも同じ位大事。
お金がたくさんあればうつ病にはならないって言う人がいる位うつ病の人にとってお金は大事な問題なんです。

あなたのうつ病になった原因は何ですか?

今や産後うつや家族問題いろいろとありますが、やっぱり一番多いのは仕事が原因ではないでしょうか?

うつ病を経験してもほとんどの人が労働をしなくてはいけません。それはなぜかと言うとお金が必要だから何です。

お金がたくさんあれば仕事もやらなくてすみますよね。また一定の副収入があればアルバイトを週に2〜3回やる程度でいいなど労働の選択の幅が広がります。

うつ病になったからこそお金について真剣に考えるべきなんです。

この記事では、ねこべえのうつ病になったからこそ考えたお金のことを紹介します。

うつ病の人ほどお金って重要

よく人生お金じゃないって言いますけど、それは健常者の話だと思います。うつ病の人にとってお金の安心を得られることは抗うつ薬や、ゆっくり休むことと同じ位、もしくはそれ以上の回復につながります。

うつ病の人ほどお金が重要になる理由は下記

うつ病の人ほどお金が大事な理由
  1. 休養期間中、働けないから
  2. 趣味や、出かけるのにもお金がかかるから
  3. 仕事へのプレッシャーが圧倒的に減るから
  4. 復職しても再発のリスクがあるから
  5. 仕事の選択の幅が広がるから

①休養期間中、働けないから

まずはこれ。初めての休職の人は、傷病手当金等を使ってちゃんと収入を補填をすることが大切です。

でも再発の人や1年6ヶ月を超える人は、傷病手当金をもらえない人もいます。そんな時副収入が無い人や、固定費が高い人はすぐに蓄えが切れてしまいます。
そんな心配をしながらゆっくり休んでも治るものも中々治りません。

②趣味や、出かけるのにもお金がかかるから

うつ病の人は、趣味などが楽しめない状況だと思いますが、再び楽しむためには、もちろん先立つお金が必要です。

趣味にかけるお金が捻出できないと、うつ病の回復にも支障が出てきますよね。

③仕事へのプレッシャーが圧倒的に減るから

お金の不安が少ないと仕事へのプレッシャーが減ります。
なぜなら、その仕事に固執する必要がなくなるからです。

固執さえしなければ、上司や周囲の評価だって余り気にならないはず。

それにいざとなったら辞めてしまえばいいのです。

お金に不安の無い人の一番のメリットと言えるでしょう。

④復職しても再発のリスクがあるから

うつ病には再発リスクがあります。

一般的に再発する人は実に50%と言われています。

精神疾患の人の強い味方である、傷病手当金は同じ病名のときは使えない可能性が高いです。

その時、無収入になる可能性があるのです。

⑤仕事の選択の幅が広がるから

これが一番でかいです。

お金に不安がなければ、自分のやりたい仕事をやりたい時だけやればいいのです。そんな風に過ごせれば、きっとうつ病になんてなりません。

本当に夢の様ですね。

でも、お金の不安をなくすなんてどうしたらいいの?

ここまで、うつ病の人ほどお金の不安がないことによるメリットを書いてきましたが、皆さん読んで納得はされると思います。

でも同時にそんな状況にどうやって出来るんだよと思われていると思います。

はい、そんな状況はっきり言って、実家が死ぬほど金持ちの人しか基本無理だと思います。

でもちゃんとお金について考え、努力することによってこの状況に少しづつ近くことは可能なのです。

その方法を以下書いていきます。

①本業の収入以外を作る

今の時代、本業がどうなるかなんて分かりません。黒字の大企業でも45歳でリストラ募集される時代です。

そんな不安にも負けない様に、本業以外の収入を作ることが大切です。副収入の例を下記あげます。

副収入一覧
  1. 株式配当
  2. FX
  3. アルバイト(ウーバーイーツなど)
  4. ブログ・ユーチューブ(アフェリエイト)
  5. ライティングなどのスキル販売(ココナラ・クラウドワークス)
  6. 情報商材販売(noteなど)

思いつくものを挙げるだけでこんなにあります。

ねこべえが一番おすすめするのは①の株式投資による配当収入です。

なぜかと言うと経済の勉強にもなり、また値上がり益も狙えるからです。

今年のねこべえの株の収入は配当収入約12万円、値上がり益100万円程となっています。

他にもねこべえ はブログ、ココナラで2つで月に数千円程度ですが、収入があります。

ブログは時間はかかりますが、趣味にもなるし自分の発信力をつけれるためおすすめできます。

ココナラは始めたばかりですが、大体月に1〜2件発注があるので1000円〜2000円程度ですが、収入があります。

②固定費を下げる

収入を増やすことと同時にできること。それは固定費を下げることです。
これも収入を増やすことと同じくらい大事。

固定費を下げることのリストは下記の通り

固定費削減リスト
  1. スマホをサブブランドや格安simへ
  2. 車を手放し、カーシェアやタクシー利用する
  3. 楽天経済圏を利用する

①スマホをサブブランドや格安simへ

スマホをサブブランドや格安simへ変えるだけで大幅な節約になります。ねこべえは、auユーザーでしたが、Yモバイルに変更し月4000円程の節約に成功しました。

個人的に格安SIMより、コスパの高いYモバイルやUQモバイルをおすすめしてます。

②車を手放し、カーシェアやタクシー利用する

住居費に次いで、高い費用の車維持費。これをカーシェアやタクシー利用にするだけで大幅に固定費を削減できます。

③楽天経済圏を利用する

お金に興味のある人は聞いたことがあるかと思うが生活にかかるものを楽天に集約して生活することで約400万円の資産を持っているのと同じくらいの固定費削減メリットがあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

うつ病の人がお金を大切に考えないといけない理由わかりましたでしょうか。

また、副収入の例や固定費削減の例も一緒にあげたので参考にしてください。

以上、この記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

ABOUT ME
ねこべえ
娘二人を持つ30代の会社員。東証1部上場企業で15年経理業務に従事。 順風満帆の社会人生活を送ってきたが、転職を機にうつ病を発症し現在休職中。将来の副業収入及び、同じ様な境遇の方に役立つ情報を発信したいうと思いきあらブログ「うつの道しるべ」を始める。 またブログでの正しい情報発信のためメンタルケア心理士の資格勉強中。
⬇️「このブログに投票」をクリックでねこべえを応援してください。

コメントを残す